債務整理の基準は? | 借金が完済できないときは法律のプロに相談して債務整理をしよう

借金が完済できないときは法律のプロに相談して債務整理をしよう

債務整理の基準は?

お金を数えている

借金の返済の悩みや、借金問題を抱えている人の中には、自分は債務整理をするべきなのかそうでないのか、よくわからないという人もいるかもしれません。
司法書士や弁護士の力を借りて、借金の問題をなんとかすることができる債務整理ですが、どういった人が債務整理をするべきといえるのか、その基準は知っておきたいところですよね。
債務整理をするべきか否か考えている人も、もしものときに備えて債務整理について知っておきたいと考えている人も、債務整理をするべき基準を頭に入れておきましょう。

債務整理をするべき基準は、大きく分けて四つ存在しています。
まず、最初にあげることができる基準が、借入額が年収の3分の1以上になってしまっているか否かというものです。
既に借入額が年収の3分の1以上になってしまっている場合は、速やかに司法書士や弁護士に依頼して債務整理をすることをオススメします。
また、借金を別の会社で借りて返済している場合や、毎月の返済が苦しくて滞納しがちになってしまっている場合も債務整理をするべきだといえます。
これだけでなく、返済しても返済しても残高が減らないと感じている場合も同様です。

これらの基準にどれか一つでも引っかかった場合は、司法書士や弁護士を探して債務整理を依頼しましょう。
借金の悩みは放置すればするほど大きくなってしまいますし、どんどん悪化してしまうことがほとんどなので、どんなに小さいと感じる悩みでも相談するべきだといえます。
なかなか解放されない借金は、債務整理をして返済しやすい状態にしてもらいましょう!

人気記事

青い電卓

債務整理の基準は?

お金を数えている

自己破産で借金を無くす

残りの小銭

オススメの専門家は?

お金の雨

借金での苦労を軽くする

受付の女性