自己破産で借金を無くす | 借金が完済できないときは法律のプロに相談して債務整理をしよう

借金が完済できないときは法律のプロに相談して債務整理をしよう

自己破産で借金を無くす

残りの小銭

借金をしている人の中には、返済が追いつかずにどんどん膨れ上がってしまい、返済ができないほどの金額になってしまう人もいますよね。
どうしても返済できない状態になってしまったときにも債務整理は有効な方法で、自己破産という手続きを取ることができます。

債務整理の手続きの一つである自己破産は、破産申立書という書類を裁判所に提出して、借金を返済できないことを伝え、免責許可をもらう手続きです。
裁判所が申し立てた人の収入や借金の金額を考慮し、免責許可が下りた場合は借金の返済が免除されます。
つまり、とても簡単に言ってしまうと、自分が抱えていた借金をゼロにすることが可能なのです。

自己破産の手続きをすれば大体の借金は免除されますし、誰でも手続きをすることができます。
また、貸金業者からの取り立てに悩むこともなくなるので、まさに借金をしてしまったときの最終手段だといえます。
ですが、自己破産は債務整理の手続きの中でも最も負担が大きいという特徴も持っており、信用情報機関に情報が載ってしまいますし、ほぼ全ての財産を失ってしまいます。
就ける職業にも制限がついてしまいますし、保証人がいる場合は保証人に取り立てがいく可能性もあります。
そのため、自己破産をした場合は自分の生活そのものをガラッと変えなくてはいけませんので、そう気軽に選択できる方法ではありません。
本当にどうしようもなくなったときだけ、弁護士などの法律のプロに相談して、自己破産手続きを選ぶようにしましょう。

人気記事

青い電卓

債務整理の基準は?

お金を数えている

自己破産で借金を無くす

残りの小銭

オススメの専門家は?

お金の雨

借金での苦労を軽くする

受付の女性